Home > 業務内容 > 資料シリーズ(書籍)のご案内 >タクシーイノベーションと乗務員不足対策への挑戦

資料シリーズ(書籍)のご案内 (まちづくり資料シリーズ、シリーズ・内発的発展)

資料シリーズ31 コミュニティ交通編 巻9 NEW

労務倒産時代の生き残り戦略―

タクシー・イノベーションと
       乗務員不足対策への挑戦

~ライドシェアの先を見据えた経営改革とサービス開発~

◆なぜ規制改革推進会議への提案か―タクシーの高付加価値化と働き方改革

◆ライドシェア躍進から学ぶタクシー改革

            ―ドライバー評価(収入・時間等)とサービス開発


書籍の概要

体裁 B5判/170頁
発刊 2018年7月25日
定価 4,700円(本体価格)+税
執筆者
※役職は講演又は執筆時
[執   筆]貞包 健一/(有)三ヶ森タクシー代表取締役(北九州市)
[推 薦 文]大井 尚司/大分大学経済学部門准教授
申込方法 申込用紙(フォーム)に下記の所要事項を記入の上送付下さい。
  ■所要事項 : 勤務先、氏名、所属部課役職名、所在地、TEL、FAX、MAIL、支払方法、必要書類、等
  ■申込用紙 : お申込みフォーム  FAX・メールでのお申込み パンフレット(PDF:933KB)

書籍の内容構成

序(前書き) 交通事業イノベーションの可能性

1.地域公共交通の現場を襲う「人手不足」+

2.地域公共交通に「イノベーション」は起きるのか+

3.本書の発刊の意味を考える+

第1章 道路運送制度の変遷とタクシー産業

1.道路運送制度と運賃制度の変遷+

2.タクシー事業の変遷+

3.タクシー事業の課題+


第2章 ライドシェア躍進の背景とタクシー事業

1.躍進するライドシェアのシステムとその実例+

2.ライドシェアが躍進した事由+

3.ウーバードライバーの特徴と評価+

4.ウーバーとタクシーのサービス比較+


第3章 タクシーのイノベーションに向けて

1.ライドシェアから学べること+

2.「タクシー」サービスの検証+

3.フレキシブルなタクシー運賃とは+

4.タクシー運賃の不思議+

5.タクシーサービスと移送モード +


第4章 規制改革推進会議への提案~提案のねらい・結果とタクシー版働き方改革案

1.コスト切り下げの工夫と制度の改正+

2.規制改革推進会議への提案~その背景・経過とタクシーの高付加価値化~+

3.タクシー改革と働き方改革+


第5章 [タクシー生き残り宣言]タクシーの公共交通化と地域創生戦略

1.タクシーの地域交通化と生き残り戦略 光タクシー(石橋孝三/北九州市)+

2.タクシー創生に向けた挑戦 フタバタクシー(及川孝/仙台市)+

3.タクシーサービス開発への挑戦 三ヶ森タクシー(貞包健一/北九州市)+


執筆者略歴(執筆順)

貞包 健一(さだかね けんいち)

(有)三ヶ森タクシー代表取締役(北九州市)
1956年生まれ。京都大学大学院工学研究科修士課程修了。川崎製鉄(現JFEスチール)勤務後、91年に三ヶ森タクシーを引き継ぐ。
97年タクシーの回数割引開始、2000年介護タクシー開始。2003年「タクシー事業活性化特区」として、タクシー定期券・フリーパス券の
試行実験開始。05年鉄道との共同割引「ちくタクきっぷ」発売、06年北九州空港(開港)と自宅直行型空港乗合タクシー開始。04年に介護
事業を㈲ほほえみとして分社化、訪問介護、居宅介護支援、通所介護、訪問看護等を実施。
〔委員暦等〕国土交通省交通政策審議会陸上交通分科会専門委員(2005年9月~2007年3月)。
      地域公共交通会議(福岡県中間市、岡垣町、芦屋町)、福祉有償運送運営協議会(北九州市、水巻町)の委員等。

▲このページのトップへ

関連情報

▲このページのトップへ