Home > 業務内容 > 資料シリーズ(書籍)のご案内 > 空き家(マンション)対策の自治体政策体系化

資料シリーズ(書籍)のご案内 (まちづくり資料シリーズ、シリーズ・内発的発展)

国内唯一の実務資料集 資料シリーズ28「地方分権」巻12-2

空き家の実態(「住宅・土地統計調査」)から方策を探る―

空き家(マンション)対策の
           自治体政策体系化

―人口減少社会のとまちづくり処方箋
■空き家問題の第一人者・米山秀隆氏による傾向と対策―行政担当者の入門・解説書
■空き家(マンション)の外部不経済の実態と撤去方策―先行自治体の条例・取組み状況
■ 事例にみる空き家利活用の多様な推進方策とコンパクトシティの形成手法


[執筆] 米山 秀隆/(株)富士通総研経済研究所上席主任研究員

書籍の概要

体裁 A4判/178頁
発刊 2015年2月20日
定価 5,022円 (送料込/本体4,650円)  ISBN 978-4-925069-01-4
執筆者
※役職は講演又は執筆時
米山 秀隆/(株)富士通総研経済研究所上席主任研究員
申込方法 申込用紙(フォーム)に下記の所要事項を記入の上送付下さい。
  ■所要事項 : 勤務先、氏名、所属部課役職名、所在地、TEL、FAX、MAIL、支払方法、必要書類、等
  ■申込用紙 : お申込みフォーム  FAX・メールでのお申込み

書籍の内容構成

第1章 空き家(マンション)の現状と課題

      ~「2013年住宅・土地統計調査」をどう読むか~+

第2章 空き家対策①―撤去促進策と空家等対策特措法 +

第3章 空き家対策②―利活用促進策と老朽化マンション対策 +

第4章 「空き家」問題から今後の住宅・都市政策を展望する+

第5章 [資料]空き家対策の自治体政策構築に向けて +


●刊行にあたって +

2015年1月 ㈱富士通総研経済研究所 米山秀隆

書評1 /書評2

▲このページのトップへ

関連情報

▲このページのトップへ