Home > 業務内容 > 資料シリーズ(書籍)のご案内 > 環境対策条例の立法と運用

資料シリーズ(書籍)のご案内 (まちづくり資料シリーズ、シリーズ・内発的発展)

資料シリーズ28「地方分権」巻13

実効性ある ごみ屋敷対策 ― 独居・高齢化、孤立化社会への対応

環境対策条例の立法と運用

~コミュニティ力再生のための行政・議会の役割~


自治体の環境対策条例の実効性の検証:横浜市、郡山市、奈良・平群町、
杉並区、大田区、荒川区、足立区、世田谷区の条例にみる実効性


[編集(執筆)] 宇賀 克也/東京大学 大学院法学政治学研究科 教授

書籍の概要

体裁 A4判/234頁
発刊 2013年8月2日
定価 7,193円 (税・送料込/本体6,660円) ISBN 978-4-925069-38-0
執筆者
※役職は講演又は執筆時
宇賀 克也/東京大学 大学院法学政治学研究科 教授
辻山 幸宣/(公財)地方自治総合研究所所長
島田 裕司/東京都足立区 環境部 生活環境調整担当課長
山本 吉毅/東京都荒川区 環境清掃部 環境課長
清永 雅彦/東京都杉並区 環境部 環境課生活環境担当係長
申込方法 申込用紙(フォーム)に下記の所要事項を記入の上送付下さい。
  ■所要事項 : 勤務先、氏名、所属部課役職名、所在地、TEL、FAX、MAIL、支払方法、必要書類、等
  ■申込用紙 : お申込みフォーム  FAX・メールでのお申込み

書籍の内容構成

第1章 自治体における「ごみ屋敷」への対応策とその手法+

地方自治総合研究所 辻山 幸宣


第2章 東京・足立区「生活環境の保全に関する条例」~いわゆる「ごみ屋敷」の事例と条例の制定・運用・特徴~+

足立区 島田 裕司


第3章 環境対策条例の事例報告 ― 条例の制定と運用

第1節 東京・荒川区「良好な生活環境の確保に関する条例」の制定経緯と運用、課題+

荒川区 山本 吉毅

第2節 東京・杉並区「生活安全及び環境美化に関する条例」の内容とごみ屋敷への対応+

杉並区 清永 雅彦


第4章 環境対策条例の実効性と運用課題+

東京大学 宇賀 克也


●はしがき+


▲このページのトップへ

関連情報

▲このページのトップへ