Home > 業務内容 > 資料シリーズ(書籍)のご案内 > 街を内包する駅・空港

資料シリーズ(書籍)のご案内 (まちづくり資料シリーズ、シリーズ・内発的発展)

資料シリーズ18表紙
まちづくり資料シリーズ18
付加価値を求められる時代に向けて―

街を内包する駅・空港


[監修] 岡 並木/評論家=都市・交通問題

書籍の概要

体裁 A4判/264頁
発刊 1992年7月
定価 25,486円 (税・送料込)
執筆者

※役職は講演
  又は執筆時
上山 良子/ランドスケープアーキテクト
岡   並木/評論家=都市・交通問題
窪田 陽一/埼玉大学 工学部 助教授
服部 和郎/丹青社 チーフディレクター
巻田 荘次/これっしか処 店長 (静岡県掛川駅)
申込方法 申込用紙(フォーム)に下記の所要事項を記入の上送付下さい。2~3日以内に発送致します。
  ■所要事項 : 勤務先、氏名、所属部課役職名、所在地、TEL、FAX、MAIL、支払方法、必要書類、等
  ■申込用紙 : お申込みフォーム  FAX・メールでのお申込み

書籍の内容構成

グラビア

TGV大西洋線の駅(仏)/パリの駅/イギリスの駅/ドイツの駅ローマの駅、ヨーロッパの駅/
アメリカの駅/アメリカの空港カナダの駅/オーストラリアの駅/アジアの駅・空港


1章 座談会 駅のフォーラム化をめざして

上山 良子(ランドスケープアーキテクト)/岡 並木(評論家=都市・交通問題)/
窪田 陽一(埼玉大学工学部助教授)/服部 和郎(丹青社チーフディレクター)/巻田 荘次(これっしか処店長)


2章 質の時代の駅・空港

岡 並木(評論家=都市・交通問題)

 I 鉄道が再び脚光を浴びるまで
 II モダニズムからの脱皮
 III 駅・空港と移動の連続性
 IV 新しい駅の動き ―市場を入れた駅
 V 新しい駅の動き ―街と融け合う駅
 VI 付加価値を求められる時代の空港

3章 駅空間と都市

I 駅とランドスケープ ―鉄道施設のデザインと街づくり

上山 良子(ランドスケープアーキテクト)

II 都市・交通計画と景観設計 ―交通ターミナルの空間計画

窪田 陽一(埼玉大学工学部助教授)


資料編

I 駅 ―都市空間としての多様性と可能性 (映像シリーズ13 シナリオ)
II 質を求める時代の駅・空港 (映像シリーズ20 シナリオ)
III 駅・空港をめぐる動き (パンフレットより)


▲このページのトップへ

関連情報

出版物(書籍)

資料シリーズ19表紙
鉄道高架とまちづくり(上)
~連続立体交差事業による市街地の一体的整備~
1994年3月25発刊
資料シリーズ20表紙
鉄道高架とまちづくり(中)
~高架下からの都市創造と商業の活性化~
1994年8月発刊
資料シリーズ21表紙
鉄道高架とまちづくり(下)
~高架構築物の周辺環境整備とデザイン~
1995年3月発刊
交通計画集成巻10表紙
空港の新しい役割と地域共生

1997年9月発刊
資料シリーズ13表紙(上)
駅の新しい機能-広場化・情報化(上・下巻)

1988年10月発刊

映像シリーズ (VHSビデオ/DVD)

映像シリーズ13 「駅-都市空間としての多様性と可能性」 (駅Part I)
映像シリーズ20 「質を求める時代の駅・空港」 (駅Part II)
映像シリーズ22 「高架下からのまちづくり」 (駅Part III)
映像シリーズ30 「立体交差からのまちづくり」 (駅Part IV)
▲このページのトップへ