Home > 業務内容 > 研修会のご案内 > まちづくり行政シリーズ > 立地適正化計画の成果と実効性の確保

研修会(セミナー・シンポジウム)

まちづくり行政シリーズ123>広域気象災害―複合・連続・広域化への備えNEW

2020年7月28日(火)10:00~16:50


ポストコロナ時代の自治体防災計画を構築する―

広域気象災害―複合・連続・広域化への備え

~ 避難所の新型コロナウィルス対策と流域治水・自治体連携~

□気象災害と気象情報リテラシー― 気象災害の特性予測と間接被害の想定
■〔滋賀県〕流域治水条例制定による総合的な流域治水[4つの対策]の推進
□進化する避難所設営・運営― 新型コロナウィルス感染に備えた避難所対策
■ポストコロナ時代の地域防災― 複合・連続・広域化対策と自治体連携方策


開催概要

≪新型コロナウイルス感染症に伴うセミナー開催への対応について≫
予防対策として、座席の間隔を空け、定期的な換気・アルコール消毒の実施等を行います。
手洗いやマスク着用等にご協力下さい。
開催日 2020年7月28日(火)10:00~16:50
会場 厚生会館・会議室(東京都千代田区平河町1-5-9/案内図は申込後送付)
講師陣
三隅 良平  氏/防災科学技術研究所水・土砂防災研究部門長
重森 玲子  氏/滋賀県土木交通部流域政策局流域治水政策室主査
榛沢 和彦  氏/新潟大学医歯学総合研究科特任教授、避難所・避難生活学会常任理事
鍵屋  一  氏/跡見学園女子大学教授、福祉防災コミュニティ協会代表理事
参加費
(1名分)
1名参加 メディア参加
行政・議員 25,000円 28,000円
 一 般 35,000円 38,000円


※参加費の払戻しは致しませんので、申込まれた方のご都合が悪い
 場合は代理の方の出席またはメディア参加とさせていただきます。


                        ※メディア参加申込みの方へは、研修会終了後に音声CD(講演収録)
                         と資料及び請求書をお送り致します。
申込方法 申込用紙に所要事項を記入の上送付下さい。
  ■所要事項 : 勤務先、参加者氏名、所属部課役職名、所在地、TEL・FAX、連絡担当者、支払方法、必要書類等
  ■申込用紙 :お申込みフォーム  FAX・メールでのお申込み   

※参加費の支払方法には当日払いと事前振込(銀行振込、郵便振替)があります。事前にご入金いただける方には、お申込み後に受講証(会場地図)と請求書等を郵送致しますので、開催前日までに手続をお願い致します(領収書が必要な方には当日、受付でお渡しします)。

講義内容

(下記の案内パンフレットをご覧下さい)
【案内パンフレット】

▲このページのトップへ