Home > 業務内容 > 研修会のご案内 > まちづくり行政シリーズ > 自治体の公文書管理システム

研修会(セミナー・シンポジウム)

まちづくり行政・シリーズ107> 自治体の公文書管理システム NEW

2018年12月25日(火)10:00~16:50

電子メール・公文書廃棄問題/対策から公文書管理条例制定へ―

自治体の公文書管理システム
   ―評価・選別、保存・管理、運用と制度設計

~情報公開・開示、アーカイブズ対応―電子メールの公文書性、評価・選別システム~

■〔宇賀克也氏〕国の行政文書管理ガイドライン改訂と自治体の公文書管理
                 ―行政評価・監視結果にみる公文書管理の問題点
■〔早川和宏氏〕自治体の公文書管理体制づくり
                  ―公文書管理条例制定の「カベ」と推進要因
■〔相模原市〕公文書管理条例の制定と運用
                ―公文書館設置と歴史的公文書(アーカイブズ)対応
■〔服部崇博氏〕電子メールの公文書性
           ―大阪高裁判決にみる「公文書性」、保存・管理のルール化と運用
■〔宮間純一氏〕アーカイブズ
        ―「何を残し、何を棄てるのか」の評価・選別のシステムとチェック制度


開催概要

開催日 2018年12月25日(火)10:00~16:50
会場 剛堂会館会議室(東京都千代田区紀尾井町3-27/案内図は申込後送付)
講師陣 宇賀 克也 氏/東京大学大学院法学政治学研究科教授
早川 和宏 氏/弁護士、東洋大学法学部法律学科教授
森野 智美 氏/相模原市総務局総務部情報公開課総括副主幹(神奈川)
服部 崇博 氏/弁護士・服部崇博法律事務所、大阪弁護士会情報問題対策委員会
宮間 純一 氏/中央大学文学部人文社会学科准教授、自治体アーカイブズ研究会
参加費
(1名分)
1名参加 メディア参加
行政・議員 25,000円 25,000円
 一 般 35,000円 35,000円


※メディア参加は講演を録音したCDと当日配布資料で構成
 します。お支払いは、CD、資料に請求書を同封致します
 ので、到着後お振込み下さい。


                        ※メディアCDには宮間氏(中央大学)のご講演は収録されません。

申込方法 申込用紙に所要事項を記入の上送付下さい。
  ■所要事項 : 勤務先、参加者氏名、所属部課役職名、所在地、TEL・FAX、連絡担当者、支払方法、必要書類等
  ■申込用紙 :お申込みフォーム  FAX・メールでのお申込み   

※参加費の支払方法には当日払いと事前振込(銀行振込、郵便振替)があります。事前にご入金いただける方には、お申込み後に受講証(会場地図)と請求書等を郵送致しますので、開催日までに手続をお願い致します(領収書が必要な方には当日、受付でお渡し致します)。

講義内容

(下記の案内パンフレットをご覧下さい)
【案内パンフレット】

▲このページのトップへ